銛先のおすすめは3又かチョッキの2種類だけ

魚突き初心者・初級者だと、銛先をどれにするかって迷いますよね。


僕はこれまで「3又」「チョッキ」「羽根」「パラライザー」の4種類を使いましたが、おすすめは3又とチョッキの2種類だけです。


今回はその内容について紹介していきます。

銛先のおすすめ:初心者は3又

初心者なら3又から始めた方がいいです。ちなみに普通の3又ってこんな感じのやつです。

普通の3又の銛先

なぜ3又から始めた方がいいかっていうと、小さい魚が一番突きやすいからです。(初心者はまず小さい魚を突くところから始めるのが一般的)


小さい魚が突きやすい理由は、3又で射程範囲が広いため狙いが多少ズレても魚を刺せるからです。


最初のうちは3又を使って「魚突き」に慣れましょう!

銛先のおすすめ:慣れたらチョッキ

3又で魚がそこそこ突けるようになったらチョッキもやってみましょう。ちなみにチョッキはこんな感じのやつです。

チョッキの銛先

チョッキのメリットは大きい魚がバレにくいことです。


3又で小さい魚突きに慣れてくると、大きい魚を突きたくなってきます。やってみるとわかりますが、3又で大きい魚を突くと結構簡単にバレてしまいます。(銛先が固定されてるので暴れられるとすぐ抜ける)


チョッキは先端部が魚に刺ささると抜けるようになっています。

先端が抜けたチョッキ

少し分かりずらいですが先端部には返しが付いてて、一度刺さったら簡単には抜けないようになってます。


先端部はライン(一部ゴム)で繋がれていて、魚に刺さったあと動きに合わせてテンションがかかり、バラしにくくなる仕組みです!(釣りのようなイメージ)

銛先のおすすめ:その他は気分転換

僕の友達は魚突きメッチャ上手いんですが、その領域に達すると「ただ突くだけじゃつまらない」ってなるらしい。(僕は未だにわからない。)


なので普通の魚突きに飽きたら、パラライザーとか羽根とか試してみればいいと思います。ちなみに下の写真が羽根です。(パラライザーは海に落としちゃったんで写真なし…)

羽根の銛先

個人的に羽根は魚に傷がつきやすく銛から外しずらいし、パラライザーは魚にしっかり刺さらないことが多かったので、あんまり好きじゃないです(笑)


特にこだわりがなければ、この2種類を使う必要はないかもしれません。

海で泳いでいる魚
よろしければTwitterのフォローをお願いします!