天井から吊り下げられた魚

ヤスと銛の違いについて

魚突きで使う「ヤス」と「銛」の違いがよく分からなかったので調べてみました。今回はその内容について書いていきます。


調べた結果、各媒体で記載されてる内容が違ってたりしたけど、おおよその結論としては魚を突くときに


・手から離して(投げて)魚に突き刺すのが銛

・手から離さず魚に突き刺すのがヤス


みたいです!


参考として各媒体がどのように両者を比較していたか紹介していきます。

ヤスと銛の違い①:水産庁

以下は水産庁が発表している漁業調整規則の一部です。

水産庁が公表している漁業調整規則の一部
出展:水産庁

注1によると、ヤスの説明として「漁獲物を突き刺す先端部と柄とは固着」、銛類の説明として「投射して目的物を突き刺す」とあります。


まあ素直に読めば手から離れるかどうかの違いですよね。

ヤスと銛の違い②:Wikipedia

浜辺で魚釣りをしている人

以下はWikipediaの「銛」に関する説明の一部です。

「やす」(簎・矠)との違いは明確ではないが、やすは銛に比べ小型であると言われる。簎も、先端の金属部(多くは鉄製)にはつりばりのような「あご」(かえし)がついているが、先端は2ないし3に分枝し、手に把持して対象物に突き刺す、もしくは、投擲して使用する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%9B

小型の銛がヤスみたいですね。また、どちらも投げて使うものと書かれています。

ヤスと銛の違い③:知恵袋

海で泳ぐ魚

知恵袋で出てた意見をいくつか書きます。


・クジラとか大物を突くのが銛

・ゴムがついてたら銛

・手から離れるのは銛

・小型の銛がヤス

・同じ(呼び方が違うだけ)



やはり意見が1つに寄らないので、明確な定義はないのかもしれません。